sea-sun 勝山シークヮーサーついて

勝山がある沖縄県名護市は「やんばる」と呼ばれる沖縄県北部地域に位置しとても自然豊かな場所です。そのやんばる名護市にある勝山は人口160人ほどの集落です。勝山の土に合うシークヮーサーで里を育てようと、ハルサー(畑人)たちが集まって農業生産法人有限会社勝山シークヮーサーを立ち上げました。
 

勝山シークヮーサーの選別基準


我々が最も大切にしていることは、新鮮で良質な原料を使うこと。これがこだわりであり役目、使命とも言えます。 新鮮で良質な原料を扱うためには収穫したシークヮーサーはその日の夕方までに工場へ運び、穴開きや虫食いなどを必ず人の手と目でチェックしています。

そして我々がシークヮーサーを選別する基準は、機械的なシステムや人的管理システムなどはもちろんですが「自分の子どもや孫達に食べさせても良いシークヮーサーなのか」という想いで基準が成り立っております。

 

トレサビリティシステムで安心安全を

お客様へ安心と安全を確認頂けるよう、製品のラベルから生産者情報をチェックできる「トレサビリティシステム」を導入しています。
 

世界からも認められた品質


主力商品でもあります、無添加無着色の勝山シークヮーサー100%果汁「sea-sun 勝山シークヮーサー」は2011年、2012年、2013年度にモンドセレクションの「ビール及び水、ソフトドリンク、ノンアルコール飲料部門」出品して3年連続銀賞を受賞。

国際味覚審査機構(iTQi)の優秀味覚審査で2012年から3年連続で最高位の3ツ星に輝き、2014年には3年連続3ツ星に与えられる「クリスタル味覚賞」を県産品として初めて受賞しました。

これは新鮮で良質な原料を使うという最も大切にしている事を続けてきた結果が数々の評価に繋がったことだと思います。
 

 

本物の美味しさが無ければ流行りやブームを乗り越えることができない

我々が青果を扱う組合を作ったのが2001年です。その翌年にテレビ番組でシークヮーサーの有効成分の一つであるノビレチンの効能が紹介されました。
すると輸入物や他の果汁を混ぜた商品などが急増し、市場規模は実際の収穫の7倍に膨れ上がり「本物を出さなければ、後々大変なことになる」と感じました。
 

その後、2003年には約50坪の加工上で本格的な果汁製造を開始。ベルト式の搾汁機でやさしく搾る主力商品(勝山シークヮーサー100%果汁「sea-sun 勝山シークヮーサー」)に加え、2006年からは果皮や種子まで搾れるローラー式搾汁機で搾った「ゴールド」も商品ラインナップに並びました。
 

この先もシークヮーサーで我々が食べていくには、お客様へ長く愛される商品を作らなければならず、そのためには美味しくなければならない。だから品質には妥協せず、流行りやブームを越えていかなければなりません。外部の方からはよく「品質管理が行き過ぎる」と言われたりもしますが、お客様へ安心安全を届けるためには一切の妥協を許さない部分だと思います。

ページトップへ